通風症状

通風.COMでは通風の症状、発症原因、治療、食事療法、薬物療法に関する情報を専門に初心者向きにわかりやすく解説しております。通風とは、血液中の尿酸の濃度、尿酸値などが高くなることによって、主に関節部位への腫れや炎症を発症する障害です。発作が発症するまでには数年かかるケースも多々あり、自覚症状がわかりにくく、健康診断などで痛風を発見するケースが多く見られます。痛風に現在お悩みの方、また痛風についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

通風症状の解説(サイトマップ)

通風とはどんな病気?
 痛風とは、血液中の尿酸値が高くなることによって、主に下半身の関節に腫れや炎症を発症する障害です。原因はぜいたくな食事、バランスの悪い食事が続く事など、栄養状態による原因がその大半を占め…(続きを見る)

痛風の症状の特徴(初期段階)
 痛風の疑いがある場合は、痛みなどの自覚症状を確認してみましょう。痛風には以下のような独特の発作症状が発症します。発作を発生する障害には様々な障害…(続きを見る)

通風を発症しやすい年代
 痛風は、可能性の範囲で言えばどの年代にでも発症する可能性のある障害です。しかし、発症の傾向から、発症しやすい年代や発症しやすい傾向…(続きを見る)

痛風の原因
 痛風の発症原因については、医学的にひとつの原因説が解明されているわけではありません。しかし、食事などの栄養素などが関与している可能性は、現在までのデータから推測できるものとして確立しつつあります…(続きを見る)

痛風の治療法(食事療法)
 痛風を発症してしまった場合の治療方法についてご説明します。痛風の治療は、基本的に「食事療法」を主体とした治療を実践していく…(続きを見る)

痛風の薬物療法
 痛風の治療では、原則として食事療法が治療の基本となります。しかし、治療の初期段階においては、一時的に尿酸値を下げる薬物療法を平行して行うケースも多くあります。(中期段階以降でも数値が極端に高い状態が続く場合は薬物療法による処置を行うケース…(続きを見る)