通風症状

通風.COMでは通風の症状、発症原因、治療、食事療法、薬物療法に関する情報を専門に初心者向きにわかりやすく解説しております。通風とは、血液中の尿酸の濃度、尿酸値などが高くなることによって、主に関節部位への腫れや炎症を発症する障害です。発作が発症するまでには数年かかるケースも多々あり、自覚症状がわかりにくく、健康診断などで痛風を発見するケースが多く見られます。痛風に現在お悩みの方、また痛風についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

【ご挨拶】

 日本全国の痛風患者は数十万人に及ぶと言われるほど、現在では身近な疾患として認識されている痛風ですが、実は日本における痛風の歴史は西洋と比較すると非常に浅く実際に痛風として診断できる症状が確認されるようになったのは明治時代になってからのことだそうです。

 徳川幕府の長期政権が続いた江戸時代は海外との交易も盛んになっており富裕層も増えていたことから、認識はされていなかったものの江戸時代には既に痛風を発症していた方がいたのかもしれません。

 痛風は当サイトでも解説しておりますが贅沢病とも言われるように栄養状態が良い時、飢餓が発生しにくい時代に大きく流行する病気です。

 健康診断では尿酸値の測定を行いますが、メタボリックシンドロームや高血圧症といった疾患を伴っている患者の多くは尿酸値が高い傾向にあり、これらの疾患は双方が合併症を伴う疾患でもあります。

 痛風の治療は症状によっては薬物療法を実践するケースもありますが、やはり根本的な治療は食生活の改善、そして日常生活の生活習慣の改善を行なう事が基本です。

 特に9割以上の発症率を誇る中年以降の男性は定期的に検診を受け、発症に至る前の予防段階でしっかりと食生活や生活習慣の管理を行ない痛風を発症させないように心がける事が重要であると言えます。

 当サイトは2007年10月に執筆を始め、少しずつ加筆を加えてきたサイトです。痛風についてお調べの方に少しでもお役に立てると幸いです。

 こんな隅々までご拝読頂きありがとうございました。